綺麗になるための習慣

女性なら綺麗になりたいと思う人はたくさんいると思います。
しかし普段の生活に追われ、なかなか自分に時間もかけられないですよね。
でも同じように家事や育児をしているのに、綺麗な人もいますね。
こういう方たちはやっぱり陰で努力してたり、綺麗になるための習慣が身についているのでしょう。

綺麗と言うと外見的なこと、内面的なこと両面から考えられます。
外見的なことでいうとまずはメイクです。
薄すぎず、濃すぎず、適度に流行を取り入れることが大事です。
こまめにメイク直しをして、清潔感を保ちましょう。

次に姿勢・歩き方です。
せっかくおしゃれな洋服を着ても、姿勢が悪ければ台無しです。
ファッションショー等で見るモデルさんは皆姿勢や歩き方が綺麗ですよね。
綺麗な姿勢、歩き方がおしゃれを際立たせてくれます。

内面的なことで言うと、食生活です。
野菜中心のバランスの良い食事を心がけましょう。
これらのことを継続していくことで外面も内面も綺麗にになりたいですね。

 

使っていない方の顔の筋肉は衰える

あたしは歯ならびのせいで右よりも左側で噛むことが多いのです。
歯ならびが悪いので右側に治療した痕が多くて、詰め物が気がかりになってよく噛むことができません。
言うまでもなくまちがいなく歯科へ行って一時的な詰めものじゃなく正式なものを詰めてもらっています。

ですがものが頻繁に絡んでイライラするので右の歯を使いたくなくなってしまったのです。
だけど左でずっと噛んでいたら右のほおがたるんできてしまうのですね…。
どうしても使っていない方の顔の筋肉は衰えます。

左側で噛むことが普通になって無意識のうちに左側ばかりで噛んでいたことを後悔してこの頃右の歯でも噛むようにしています。
意識していなければうっかり左側で噛んでしまっているので困るのですが、いつも気をつけながらものを噛むようにがんばっています。

またチューインガムを噛む際は右の歯で噛んでいます。
できるだけ右のほおのたるみを改善するためやっていますが、ガムをひたすら噛み続けているためか左右差が減ってきました。

 

今しかできない身体のためになること

この頃健康の為の時間を作るようにしています。
仕事を少しだけセーブして今しかできない身体のためになることをしています。

自宅にこもってお仕事をしているので、場合によっては朝から晩まで仕事を続けてしまうことがあって美容にもその影響が出ていました。
ほどほどにしてお仕事と生活のけじめをつけないといけないですよね…。

でも在宅で仕事をしていると、それもたったひとりで仕事をしていると常に仕事が気になってしまうのです。
仕事以外のことが考えられないような毎日でした。
朝目覚めた瞬間から仕事の事が頭をよぎり夜布団に入っても仕事ばかり気になっている…。

自宅が職場の人たちは恐らく自分のように仕事とプライベートの切替で困ってしまうと思います。
早く切換えをしなければ体調が悪くなりそうだったのでためらわずに作業をする時間を減らしてみました。

不安もありますが自由に使える時間には散歩に出かけたり肌のお手入れをしたり友達と会ってみたり…。
自分の体のためにうまく時間を使い分けていると思います。

 

シミのないお肌でいられるように日焼け対策

わたしが美容で特に気を配っているのは日焼け対策です。

学生時代に野外で活動する部に入部していたのでいつも日焼け肌で、卒業したあとも一切紫外線を気に掛けないまま遊んできました。
二十代に別れを告げるとそのツケが回ってきて、ひどい時はお肌がシミやそばかすで目も当てられない事態になりました。

ゾッとした私は、肌を整えるバランスのよい食生活を始め、更には色素沈着を予防してくれるという美白化粧品を用いるようになりました。
そうして3年ほどが過ぎ、美白とは言えないまでも肌のシミが気にならなくなってきた気がします。

数年前に受けたショックは大きすぎたのでその後は、日焼け止めはもちろん、「帽子」、「日傘」は勿論の事「腕のカバー」などなど、家を出る時にはちゃんと皮フを隠すように神経を使うようになりました。

更に家にいる際にもまどガラスから「紫外線」が侵入してくるので、窓ガラスにはUVカットフィルムを貼り付けたり、紫外線対策カーテンを付けたりしています。

当然一定の紫外線を受ける事は心身の健康のために大事な事ではありますが、必要以上にダメージを食らわないように、そうしてシミのないお肌でいられるように配慮して生活しています。